山口県の人気花見スポットまとめ

少しずつ暖かくなり、桜のつぼみも徐々に開花してきています。山口県内の各地域にも花見を楽しめる桜スポットがたくさん♪
そんな花見スポットをまとめてご紹介します!

岩国市

錦帯橋

錦川の清流に架かるアーチ型五連の木橋で、日本三奇橋の一つです。錦帯橋と桜の織り成す景色を見に多くの観光客が訪れます。 隣接する吉香公園内の桜と合わせて、ソメイヨシノやヤエザクラなどの約3000本の桜が一帯に!夜桜もおすすめ♪

下関市

戦場ヶ原公園

市街が見渡せる展望台や多目的広場などがあり、お花見のシーズンには、下関で最もにぎわう花見の人気スポット。満開時には公園全体が桜に包まれ、409本のソメイヨシノが咲き誇る。花見シーズンには露店も出て、花見を楽しむことができる。

萩市

萩城跡指月公園

萩城跡内にあは天守閣、茶亭などの史跡がある。ミドリヨシノ(花びらが真っ白でガクの部分が緑色の稀種)は山口県指定の天然記念物で日本には萩市にしかない珍しいもの。

山口市

毛利氏庭園

国指定名勝の回遊式の日本庭園内でヨシノザクラやヤマザクラ、珍しい「におい桜」など各種の桜が観光客の目を楽しませてくれる。秋の紅葉もおすすめ!

徳佐八幡宮参道

動シダレザクラとソメイヨシノなどの桜並木が370m続く人気スポット。参道両側のシダレザクラは、文政8年に初めて植栽し、その後補植・新植と受け継がれ、県内きっての名桜として知られている。

宇部市

常盤公園

動物園や遊園地、彫刻と熱帯植物を同時に楽しめるときわ湖を中心とした総合公園。 園内の桜は「さくら名所100選」にも選ばれている。その他、ツツジやボタン、フジなど四季折々の花が楽しめる。
ページ上部へ戻る